褐藻類、褐藻エキス(かっそう)

2019年06月11日

褐藻類は褐色藻ともいい、褐色を示す海藻で、コンブ、ワカメの属するコンブ目、ヒジキの属するヒバマタ目などがあります。
全世界で約240属1500種の生育が知られますが、そのほとんどは海産で、特に寒海では種類数が多く、また大きな海中林をつくるなど量も豊富です。褐藻類には単細胞のものはなく、すべてが多細胞で、単列糸状、多列葉状から、外見上、根、茎、葉が分化した茎葉体にいたるまで体制は多様です。

褐藻エキスとは、もずくをはじめ褐藻類に属するヒバマタ属、コンブ属、また紅藻類から抽出されるエキスで、海藻類の特徴でもある「ぬめり」の成分で健康食品としても知られるフコイダンを有効成分としています。アミノ酸、ミネラル、アルギン酸、粘液質多糖類などの天然成分を豊富に含んでいます。

褐藻エキスは、皮膚の柔軟化、皮膚の引締め、皮膚の活性化、保湿作用があるため、乾燥から肌を守り、ハリ持たせる目的で多くの化粧品に使用されています。
また、引き締まった保湿性の保護膜はパックなどのベースに適し使用されていることもあります。主に皮膚軟化剤、スリミング剤、乳化安定剤、増粘剤などとして、化粧水や乳液、クリーム、美容液、パック、美白クリーム、マッサージクリームなどに配合されていることが多いです。さらに老化した細胞に作用し、不要な角質を除去する効果もあることからピーリング剤として使用されることもあります。
化粧品だけではなく、ミネラル類を補給するサプリメントなど健康食品にも多用されているため、刺激性が低く安全性の高い成分であるといえます。

褐藻2

写真:褐藻

この成分が使用されている商品は、リジュヴェネイティング アイレメディ、トライアシッド ラディアンスピールです。
リジュヴェネイティング アイレメディ
トライアシッド ラディアンスピール


このページのトップへスクロールする