タイツリオウギ(キバナオウギ)

2019年06月11日

タイツリオウギとは、マメ科の多年草で高さ30~80センチメートル。茎の上部や葉の裏面に白い毛があり、淡黄色の蝶形花を咲かせます。日本では北海道の低地の川原と本州の高山の草原に生え、朝鮮半島、中国東北部、シベリア東部にも分布しています。

タイツリオウギ根は漢方薬として知られる薬草で、中国では2500年以上前から感染症の予防や皮膚疾患の改善として飲まれています。タイツリオウギ根エキスは、イソフラボンやサポニンが含まれており、血行を促進し代謝や免疫力を高め過剰な皮脂の分泌を減らし、肌荒れや吹き出物を抑える効果があると言われています。多くの抗酸化作用を含み、老化防止、美白作用といったアンチエイジング効果も期待されています。

タイツリオウギ根

写真:タイツリオウギ

この成分が使用されている商品は、リジュヴェネイティング アイレメディです。
リジュヴェネイティング アイレメディ


このページのトップへスクロールする