フェンネル(ウイキョウ)

2019年12月03日

フェンネルはセリ科ウイキョウ属の多年草で、ヨーロッパや地中海沿岸が原産のハーブの一種です。
草丈は1~2 m程度で全体が枝分かれし、葉は次第に分かれて糸状に細くなり、全草が鮮やかな黄緑色をしています。
6~8月ごろ黄色の小花を多数つけて傘形に咲かせ、秋には7 mm程度の長楕円形をした麦粒状の茶褐色の果実をつけます。
強い芳香があるため「香りを回らす」という意味で茴香(ウイキョウ)と呼ばれ、日本にも古い時代に中国から伝来し、薬用として利用されてきました。

古代ローマで強壮用の植物として用いられ、ヨーロッパでは古くから薬草として人々の生活の中では欠かせないハーブでした。
盛んに用いられるようになったのは中世以降で、特に種子は目に良く、若返りの効果があると信じられていました。
また、消化にとても良いハーブで、食べ過ぎや飲み過ぎによる消化不良を改善し、呼吸器系にも働きかけ、鼻水や咳などの症状を緩和させます。

フェンネルは、体内の老廃物・毒素などの排出を促進してデトックスをサポートし、むくみやセルライトの予防・解消にも効果が期待されています。
併せて発汗作用もあり、フェンネル精油が痩身用マッサージオイルに使われることもあります。
皮膚を浄化し強壮する作用のほか、関節痛の緩和にも効果があるといわれています。

エナジャイジング ボディオイルにフェンネルが配合されており、肌の老廃物をすっきり流し新陳代謝を活性し肌を内側から整えます。
筋肉痛やデトックス、肌を整えたい方におすすめのボディオイルです。

フェンネル 小3

エナジャイジング ボディオイル


このページのトップへスクロールする