メドウフォーム

2021年03月05日

メドウフォーム(学名 Limnanthes Alba)はカリフォルニアを中心とした北アメリカ温帯地域に生息する一年生草本で、春先に牧場を白い泡のような花で埋め尽くすことから“meadow foam(牧場の泡)”と呼ばれています。長さ約30センチまでの直立または臥位(がい:横向き)の茎を作り、花はカップ型で、長さ1〜1.5センチの白い花びらがあります。

2,3mmの種子からはオイルが抽出され、種子の25~30%が油を含有しています。
抽出されたオイルは食用として流通され、不飽和脂肪酸が少ないため酸化されにくく、酸化安定性が優れています。
近年では化粧品としても利用されるようになり、広く栽培されています。

オイル成分の98%以上が長鎖脂肪酸からできている、とても珍しいオイルで、肌への保湿やアンチエイジング効果が高く、「若返りのオイル」とも呼ばれ美肌成分が多く詰まった優秀なオイルです。

オイルに含まれるエイコセン酸には皮脂量をコントロールする作用もあり、毛穴に詰まることが少なく、ニキビ肌にもおすすめです。また、花の油は保水性の膜を皮膚上に形成し、乾燥を防ぎふっくらと柔らかい肌に導いてくれるといわれています。ヘアケア製品に配合されていることも多く、自然な光沢、柔軟性、エモリエント効果を発揮します。

シファドバイは、このメドウフォームの覆い包む「被膜効果」に着目し、「ヒーリング バーム」、「エナジャイジング ボディオイル」に配合しています。
肌をふんわりやわらげ、潤いのヴェールで乾燥から肌を守り、若々しい美肌へと導く頼もしい存在です。

画像2

ヒーリング バーム

エナジャイジング ボディオイル


このページのトップへスクロールする